生さんまが旬!いろんな料理で大量消費、骨の髄まで食べつくす方法

我が家的、生さんまの旬の時期が始まりました!

北海道産の生さんまが10匹で580円ですって。

いろんな料理で、食べて食べて食べつくすわよ~。

我が家のさんま祭りの始まりです。

スポンサーリンク

米子流、生秋刀魚の旬の見分け方

では、おさらいしてみましょう。

生さんまの値段が、一匹100円以下になったら、さんまの「旬」です。

価格が下がって、一匹58円以下になったら「さんま祭り」の始まりです。

覚えていない方は、↓で復習しておいて下さいね。

⇒ 米子的さんまの旬の見分け方

我が家では、ここ最近野菜の高騰に気をとられていて、さんまの「旬」が来たことを見逃していたようです。不覚でした・・・。

ふと気が付くと、さんまが10匹580円です。

一匹58円の「さんま祭り」が始まっているではありませんか。

さんま祭り1日目

1日目、一品目は、さんまの刺身で2匹消費。

青魚の刺身で生臭さが気になる時は、お酢でさっと洗うと臭いが気にならなくなりますよ。しょうがやねぎなどを乗せていただきます。

二品目は、さんまの天ぷらで4匹消費。

揚げたてカリカリは、お塩で食べるのが我が家流です。

1日目は、6匹のさんまを3枚おろしにして、お刺身と天ぷらにしました。

注 : 3枚おろしにした時の骨は捨ててはいけません。

さんま祭り1日目の献立

  • さんまの刺身
  • さんまと蓮根の天ぷら
  • たらもサラダ
  • 冷奴
  • なすの煮物

さんま祭り2日目

2日目は、骨まで柔らかさんまの生姜煮で、最後の4匹を消費。

圧力鍋で骨まで柔らかくなるように煮ました。

これで2日間でさんま10匹消費いたしました。

・・・と、何か忘れてはいませんか?

さんまの骨まで食べる!

1日目のさんまの骨を忘れてはいけません。

から揚げ粉をつけて、カリカリに揚げます。

この「さんまの骨せんべい」すっごく美味しいんですよ。

注 : 決して貧乏だから食べている訳ではありません。

便利なから揚げ粉の紹介は ⇒ 簡単手間いらずのから揚げ粉のおすすめはコレ

揚げるそばから、息子がつまみ食いしてしまうので、食卓にはこれしか出てきませんでした。

さんまやいわしは中骨まで柔らかいので、お刺身を作った時の骨は、から揚げ粉で骨せんべいにしてみて下さいね。

お酒のおつまみにも最高です!

類似品、甘エビの頭も美味しいです ⇒ 甘エビの頭の美味しい食べ方

さんま祭り2日目の献立

  • 焼きビーフン
  • 厚揚げ
  • 秋刀魚の生姜煮
  • 筍とわかめの煮浸し
  • さんまの骨せんべい

3人家族で、10匹のサンマを食べつくしました。

さんま好きの家族なので、これから頻繁に食卓にさんまが上がります。

お安くて、栄養たっぷりの「さんま」、塩焼きだけじゃもったいない。いろいろアレンジして沢山食べたいてすね。

我が家の「さんま祭り」は始まったばかりです。

みんな~、祭りに乗り遅れないでね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする