甘エビの頭は生で食べれる?唐揚げや味噌汁のだしに簡単食べ方レシピ

甘エビの頭って食べますか?

我が家では、大好物です。(貧乏だからじゃありません。美味しいからですよ。)

甘エビのお刺身で残った、頭の部分の簡単な食べ方、唐揚げや味噌汁のだしの取り方を紹介します。

カルシウムたっぷりの甘エビの頭、捨てちゃうなんてもったいないですよ。

スポンサーリンク

甘エビの頭は、生で食べますか?

主人は、生のまま頭の部分のみそも、すすってしまいます。

みそ好きの方には、たまらないお味ですよね。

でも、息子はあまり生のみそは好きじゃないので、我が家では唐揚げや塩焼き、味噌汁の出汁にしています。

甘エビの頭の唐揚げ

甘エビの頭は、素揚げや唐揚げにすると、パリパリして美味しいですよね。

水分をキッチンペーパーでとって、そのまま油で揚げて軽く塩をふった素揚げは、レモンを絞って食べると美味しいです。

でも、油はねが気になるという方は、唐揚げにした方が、簡単です。

我が家では、いつも「日清の唐揚げ粉」を使っています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日清 から揚げ粉(100g)[から揚げ粉]
価格:129円(税込、送料別) (2017/11/3時点)

↑ ↑ ↑

これね。スーパーで100円くらいで売っています。

水分をとった甘えびの頭をビニール袋に入れて、唐揚げ粉を適量入れて、フリフリすると綺麗に衣がつきます。

薄く衣をつけて油であげると、カリカリでおいしいですよ。

衣をつけて揚げると、残っている水分も唐揚げ粉が吸ってくれるので、素揚げよりも油はねが少ないので簡単です。

甘えびの頭で味噌汁のだしの取り方

甘えびの頭で味噌汁を作る時は、水の状態から甘えびの頭を入れます。

臭い消し効果のある長ネギを切って入れると、味噌汁の具にもなっていいですね。

生臭さが気になるという方は、お酒を少し(大1)入れてから、火にかけると臭いが少なくなります。

お鍋を強火にかけて、沸騰したら丁寧にあくをとり、味噌を溶き入れれば味噌汁の出来上がりです。

味をみて出汁が足りないようなら、顆粒だしを少し加えてみて下さいね。

お好みでお豆腐などを入れてもいいですね。

甘えびの頭は食べる?

甘えびの頭は捨てちゃうというご家庭も多いですよね。

頭の部分のみそが苦手という方も、火を通すと生臭さが気にならなくなります。

手軽に食べるなら、味噌汁が簡単ですが、我が家では断然唐揚げ派です。

パリパリ食感でカルシウムたっぷり!お酒のおつまみにも最高です。

甘えびを食べたら、残った頭で作ってみて下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする