さんまの梅しそ巻き焼き簡単レシピ、おつとめ品の三枚おろしでおうち居酒屋

スーパーで、さんまの三枚おろしがおつとめ品になっていました。

お刺身用さんまが半額以下のお値段になっていて、びっくりです。

あまりに、安いのでお刺身にして食べるのはどうかな?と思って、シソと梅を巻いて「さんまの梅しそ巻き」を作ることにしました。

家族も絶賛!我が家のおうち居酒屋、看板メニューです。

さんまのお安い時期に作ってみてね。

スポンサーリンク

さんまの梅しそ巻き焼き 簡単レシピ

簡単すぎと、レシピという程でもありませんが、一応。

材料

  • さんま・・・6匹(3枚おろし)
  • 大葉・・・6枚
  • 練り梅(チューブ)・・・適宜

作り方

  • 大葉を半分に切る。
  • さんまの上に大葉と練り梅を2~3㎝しぼる。

  • 尻尾の方からくるくる巻いて、楊枝で留める。

グリルで10~15分、軽く焦げ目がつくまで焼けば出来上がりです。

味付けは、練り梅だけで大丈夫です。食べる時にお好みでレモンをかけていただきました。

グリルで焼いたさんまは、皮がパリッとして、中はフワフワでとっても美味しいですよ。

今回は、簡単に素焼きにしましたが、グリルで焼かずに、フライ衣や天ぷら衣をつけても、ボリュームが出て食べごたえがあるおかずになりますよ。

さんまの三枚おろし

最近はスーパーで、お魚をおろしてくれるサービスをしているところも多いですよね。

今回のように、3枚おろしで売っている場合もあります。

さんまの丸のままでは、塩焼きくらいしか食べ方がわからないという方も、3枚におろしてもらうとお料理のアレンジもしやすくなります。

小さいお子さんやお年寄りでも、骨がないので安心して食べられます。

さんまの梅しそ巻でおうち居酒屋

主人も大学生の息子も、さんまの梅しそ巻きが美味しい!と大絶賛です。

息子は「これなら居酒屋で3個300円で売れる!」と大興奮。

すると、主人が「300円はないだろう、3個で680円だな」と・・・。

大学生の息子が行く居酒屋は、一品300円くらいが普通です。

主人が行く居酒屋では、680円くらいのおつまみが普通なのかな?

結局、同じ料理を出しても、お客の層で、お値段は変わるってことなのでしょうね。

我が家の「おうち居酒屋」は、さんまの梅しそ巻き、12個で300円です。

あなたの、「おうち居酒屋」看板メニューはなんですか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする