白菜の大量消費に簡単レシピ!ツナ缶と煮浸しで鍋の残りも使い切り

鍋の残りの白菜って、何にしよう?って悩んじゃうんですよね。

大きな白菜を買ったのに、食べきれない時に、おすすめの白菜とツナの煮浸しを紹介します。

じっくり火を通すと、大量の白菜もかさが減って沢山食べられます。

お子さんの好きなツナ缶と一緒に煮れば、お箸もすすんじゃいますよね。

白菜が沢山残ってどうしよう・・・という方は、作ってみて下さいね。

簡単ですよ。

スポンサーリンク

白菜とツナの煮浸しの作り方

材料

  • 白菜・・・1/4株
  • ツナ缶(小)・・・1/2缶
  • 酒・・・大2
  • 醤油・・・大1
  • 砂糖・・・大1/2

今回は、1/4株の白菜で作りました。我が家ではだいたい2人分です。

鍋用に切っちゃった白菜も、残っていたら入れちゃって大丈夫ですよ。

作り方

  1. 白菜は、3~5㎝くらいのざく切りにして、芯の部分と葉の部分に分けておきます。
  2. 厚手の鍋に白菜の芯の部分とお酒を入れて蓋をして、弱火にかけます。
  3. ときどきかき混ぜて、白菜から水分が出てきたら、中火にして焦げないように10分くらい煮ます。
  4. 白菜の芯が少ししんなりしたら、葉の部分とツナ缶(汁ごと)と醤油・砂糖を入れて蓋をして5分くらい煮ます。
  5. 白菜が好みの柔らかさになったら出来上がりです。

白菜から水分が沢山でるので、水は入れませんが、途中焦げ付きそうなら少し水を入れてみて下さいね。

白菜は、とろとろになるまで煮ても美味しいですが、我が家では芯の部分に少し歯ごたえが残るくらいが好きです。

お好みで煮る時間を調節して下さいね。

このレシピは、クックパッドの人気レシピを参考にして作りました。

こちらのレシピも白菜消費におすすめです。

夕食のおかずが、ちょっと足りない。 そんな時は、冷蔵庫に少し残っている、白菜や小松菜などの葉野菜を使って、簡単な煮浸しはいかが...

こちらは、時短であっという間に作れちゃいます。

鍋の残りの白菜の使い切り

冬になると白菜がお安くなって、1/2株とか大きな物が売られますよね。

お鍋に入れて、沢山食べたいと思っても、意外と食べきれなくて、冷蔵庫に残っていませんか?

結構、冷蔵庫の野菜室の場所をとるので、早く消費したいな~と思っちゃいます。

冷蔵庫の中に、デデ~ンと場所をとっている白菜があったら、白菜を沢山入れて作ってみて下さいね。

鍋用に切っちゃった白菜も、一緒に入れて白菜を大量消費できる、美味しいレシピですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする