マグロのあらの食べ方、あら汁やお弁当の作り置きおかず下処理と調理法

スーパーで、150円のまぐろのあらが、半額になって75円で売っていたので、まぐろのあらを使って、朝食用のあら汁とお弁当用の冷凍食品を作りました。

あらの下ごしらえや作り方を紹介します。

前日に、下準備をしておけば、忙しい朝も楽々ですよ。

美味しそうなマグロのアラが売っていたら、作ってみて下さいね。

スポンサーリンク

マグロのあらレシピ

今回買った、マグロのあらは、骨のある部分が多かったので、骨のある部分はあら汁に、骨のない部分はお弁当用の作り置きおかずにすることにしました。

前日の準備

骨のある部分は、あら汁用にキッチンバサミで食べやすい大きさに切ります。

骨のない部分は、お弁当のおかず用に、火がとおりやすいように薄く切ります。

お弁当のおかず用のまぐろは、酒(大1)・醤油(大1)・生姜のすりおろし(1片)をもみ込んで下味をつけておきます。

それぞれラップをして冷蔵庫に入れておきます。


左があら汁用、右がお弁当用のマグロです。

マグロのあら汁の作り方

お鍋にお湯を沸かし、ぶつ切りにした長ネギとあら汁用のマグロ、酒(大1~2)、粒のこんぶだし(なければ鰹だし)を入れます。

再度沸騰したら、あくをとり中火で2~3分加熱します。まくろに火がとおったら味噌を溶き入れて出来上がりです。

お好みでお豆腐を入れてもいいですね。

お弁当用まぐろ炒め

フライパンにサラダ油をひき、下味をつけておいたマグロを炒めます。

マグロに火がとおったら、鍋肌から少し風味付けのお醤油を入れます。

あれば、白ゴマをふりかけます。

お弁当に入れは場合は、キッチンペーパーの上で冷まし、余分な油や汁をキッチンペーパーに吸わせて取り除きます。

冷めたら出来上がりです。

お弁当に入れた残りは、自家製の冷凍食品にしておくと便利ですよ。

100均の冷凍用のグッズを使うと便利です。

夕食のおかずとして作る時は、アツアツのまま大葉の千切りを乗せると、美味しいですよ。

まぐろのあらのスジは食べられる?

まぐろのあらを買ってくると、白いスジが沢山入っていることがありますよね。

まぐろのスジは、生では硬くてやっかいですが、火を通すとぷりぷりで美味しいんです。

コラーゲンもたっぷりなので、捨ててしまてはもったいないですね。

お鍋に入れても良い出汁がでて美味しいですよ。

生臭さが気になるという方は、軽くロースターで焼いた後にお鍋やお味噌汁に入れると、余分な脂も落ちて食べやすくなります。

美味しそうなマグロのアラが売っていたら、ぜひ試してみて下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする