アボカドの栄養やカロリーと簡単料理、青臭いのが苦手な方にもおすすめ

栄養満点の「アボカド」ですが、カロリーがちょっと気になりますね。

アボカドの栄養や1個あたりのカロリーはどのくらいなんでしょう?

アボカドを使った、簡単レシピを紹介します。

我が家では、主人も息子もアボカドの青臭さが苦手で食べませんが、チーズ焼きにしたら食べやすくなりました。

スポンサーリンク

アボカドの栄養やカロリーは?

アボカドって、よく野菜か果物か?と話題になりますよね。

アボカドは別名「鰐梨(わになし)」と言われ果物なんです。

「森のバター」とも呼ばれていて、フルーツなのに脂肪分がたくさん含まれています。

でも、アボカドの脂肪分は不飽和脂肪酸と言い、コレステロール値を下げる働きがあります。

他にも、カリウム・ビタミンE・ビタミンB群・食物繊維も豊富に含まれています。

女性にうれしい、鉄分・カリウム・葉酸も含まれているので、積極的に食べたい果物ですよね。

でも、注意したいのがカロリーです。

アボカドの脂肪分は、コレステロール値を下げたり中性脂肪を減らすと言っても、カロリーは高めで、1個あたり260kcalです。

ダイエット中の方は、体に良いからと食べ過ぎると、カロリー過多になっちゃうので気をつけて下さいね。

アボカド簡単レシピ アボカドのチーズ焼き

材料

  • アボカド・・・1個
  • マヨネーズ・・・大1
  • にんにく(チューブ)・・・1cm
  • 黒胡椒・・・適宜
  • とろけるチーズ

作り方

  1. アボカドは皮と種をとり、1cm角に切る。
  2. アボカド・マヨネーズ・にんにく・黒胡椒を混ぜる。
  3. 耐熱容器に入れ、上にとろけるチーズを乗せて、トースターで焼く。
  4. チーズが溶けて、少し焼き色がついたら出来上がりです。

ウィンナーやベーコンを入れてもおいしいですよ。

今回は、朝のウィンナーが1本残っていたので、薄く刻んで混ぜました。

アボガドは青臭さいから苦手

我が家では、主人も息子もアボカドが苦手です。

青臭いというイメージみたいです。でも、今回のチーズ焼きは「アボカド」ということを言わずに食卓に出しました。

すると、トロッとして美味い!そうですよ。

アボカドは、マグロに味が似ていて、わさび醤油で食べたりサラダに入れたい、生で食べることが多いので、苦手な人にとっては、青臭いと感じるんだと思います。

マヨネーズやにんにくを混ぜて、加熱して食べると、あまり青臭さくなくて食べやすいですよ。

あと、完全に熟していないものは青臭いですよね。

皮の色がチョコレート色になったものが食べ頃です。買ってきたアボカドが、まだちょっと熟していない時は、常温においてチョコレート色になってから食べるといいですね。

生のアボカドが苦手な方は、試してみてくださいね。

カロリー高めなので、ダイエット中の方は食べすぎ注意ですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする