キャベツが高い時の代用品!肉料理の付け合わせ野菜を節約するなら?

キャベツって天候によって、すごく高くなる時がありますよね。

生姜焼きなどの肉料理では、キャベツの千切りが付け合わせの定番です。

でも、お野菜が高い時って皆さんどうしていますか?

我が家では、キャベツや野菜が高い時は、あの野菜で代用しています。

格安ですが、意外と肉料理との相性はバッチリ!

家族に節約だとバレない、うんちくも合わせて紹介しますね。

お野菜が高いけど、どうしよう?という時は、参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

豚の生姜焼きにもやしを付け合せる秘密

先日、豚の生姜焼きを作りました。

付け合わせの野菜は、ゆでたもやしです。

豚の生姜焼きの付け合せ野菜といえば、キャベツです。なんで、キャベツじゃなくて、もやしなの?と思いましたか。

豚の生姜焼きを作ったお話はこちら ⇒ タレが命の豚の生姜焼き、我が家の黄金比

ただたんに、スーパーでキャベツが1玉198円と、お高めだったからです。 節約家族の我が家では、付け合せの野菜に、198円を出す事は考えられません。

もちろん、冷蔵庫にキャベツが残っていれば使うけど、わざわざ買うのはネ~。 というときは、お安いもやしで代用します。

私がいつも行くスーパーでは、もやし一袋18~38円で買えちゃいます。

それに、もやしは安いだけじゃなくて、ビタミン類カリウムカルシウム食物繊維も入っている、とっても優秀なお野菜なんです。

カロリーも低いので、ダイエットにも強い味方ですよね。

・・・と、もやしの栄養について語ってみましたが、 結局のところ、お安いもやし様は、節約家族の「強い味方」だということなのです。

揚げ物の付け合せのキャベツの代わりに、もやしって言うのは、ちょっとアレだけど、肉料理の付け合せのキャベツの代わりに、もやしはOKだと思うの。

キャベツが高い時は、茹でたもやしで代用してみてはいかがでしょう。

目先が変わっていいですよ。

でもね、 くれぐれも「もやしが安いから」なんて、家族に言っちゃダメ。

もやしの栄養」を熱く語って、家族の健康を考える「良い主婦」を演じてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする