トマトのチーズ焼き簡単レシピ!加熱すると栄養リコピンの効果が増す

完熟トマトを使った、簡単に作れるトマトのチーズ焼きを紹介します。

トマトって、焼くと栄養的にどうなの?と、思っちゃいますよね。

トマトに含まれるリコピンについても、お話しますね。

完熟トマトが冷蔵庫にあるんだけど・・・という方は、参考にしてみて下さいね。

我が家の冷蔵庫には、おつとめ品で買った、完熟トマトが沢山あります。

⇒ おつとめ品のトマトを購入したお話はこちら

おつとめ品のトマトを使って、我が家で大人気のトマトのチーズ焼きを作りました。

スポンサーリンク

トマトのチーズ焼きの作り方 水っぽくならない工夫

作り方

レシピを、説明するほどでもないのですが・・・

スライスしたトマトに、とろけるチーズとマヨネーズをかけて焼くだけ。

出来上がったら、黒コショウをかけても美味しいですよ。

トマトのチーズ焼きを作ると、水っぽくなっちゃう時ってありますよね。

トマトを焼く時は、強火で短時間で焼かないと、トマトから水分が出てきて水っぽくなっちゃいます。

我が家では、オーブンよりも、ガス台についている魚焼きロースターを使って、強火で一気に焼き上げます。

パイレックスなどの耐熱のお皿を使えば、ロースターで焼いても大丈夫ですよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

iwaki ベーシック キャセロール 1.5L KBT683(蓋付) WKY2201
価格:1574円(税込、送料別) (2017/9/19時点)

↑ ↑ ↑
これの、蓋の部分を使って作りました。

トマトの栄養「リコピン」は、加熱すると吸収率が上がる

トマトに含まれるリコピンは、抗酸化作用が強く、悪玉コレステロールの酸化を防ぎます

これにより、血流が改善されて、生活習慣病の予防やダイエット・美肌効果も期待できます。

このリコピンは、実は赤色の天然色素なんですよ。

なので、若いピンク色のトマトよりも、真っ赤な完熟トマトの方がリコピンが沢山含まれているんです。

更に、このリコピンは加熱することで、体内への吸収率が高くなるんです。

ヨーロッパでは「トマトが赤くなると医者が青くなる」と言われるほどで、毎日トマトを食べると医者いらずになるほど、健康になるとも言われているんですよ。

トマトのチーズ焼きの夕食の献立のご予算は?

  • トマトのチーズ焼き
  • 白身魚のフライ
  • かぼちゃの煮物
  • 茎わかめ
  • 冷奴
  • にんにくの素揚げ

冷凍の白身魚のフライが、特売で10個入りで198円で売っていたので、ちょっと多いかなと思いましたが、全部揚げちゃいました。

残りはお弁当のおかずにします。

ご予算は

  • トマト(おつとめ品)・・・66円
  • かぼちゃ・・・100円
  • 豆腐・・・45円
  • 調味料、油・・・約100円
  • 茎わかめ、にんにく(いただき物)

大食い家族3人分+お弁当で500円ちょっとでした。

おつとめ品のトマトのチーズ焼き

完熟のおつとめ品のトマトは、リコピンがたっぷり!

更に加熱することで、リコピンの吸収率が上がります。

トマトは焼くと、甘くなり美味しいですよね。

健康にもダイエットにも美容にも良い、トマトは毎日食べたい野菜ですよね。(高くなければ・・・)

冷蔵庫に完熟トマトがあるんだけど・・・という方は、作ってみて下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする