レタスの水耕栽培を室内で始めました、種まきから自作装置に定植。

初めて、レタスの水耕栽培に挑戦しました。

今回、植えたのは「グリーンリーフレタス」と「ハンサムレッド」という種類です。

種まきから発芽、自作装置に定植するまでを紹介します。

本を参考にしながら、あの手この手。

どちらも100円の種ですか、どのくらい収穫できるのでしょう?

収穫が楽しみです。

スポンサーリンク

グリーンリーフレタス

ホームセンターで100円で購入した、グリーンリーフレタスの種をお味噌のパックに種まきしたのは、1月20日です。

バーミュキュライトに水を入れて、種まきをした後にトイレットペーパーをかぶせました。

1月29日には、かわいい目が出揃いました。

初めてなので、調子に乗りすぎてちょっと種が多すぎたかもですね。

土の表面が乾かないように、毎日大匙2程度の水道水をちまちまかけていしまた。

2月4日に定植

バーミュキュライトを乾燥気味にしてから崩して、根っこを引き抜きました。

もっと簡単に根っこが引き抜けるのかと思ったけど、結構切れてしまった感じです。

やっぱり本のとおりに川砂を使った方が良いのかもですね。

100均のケースで作った、自作装置に移植しました。

⇒ 作り方と定植の方法はこちらで紹介しています。

種を撒いてから約2ヶ月、3月22日にはレタスの葉がビロ~ンと、こんな状態です。

なんか、我が家のレタス成長遅くない?

ハンサムレッド 種まきから定植まで

グリーンリーフレタスから、遅れてハンサムレッドというレタスの種も撒きました。

種を撒いたのは、3月1日です。

例によって、お味噌の入っていたパックにバーミュキュライトを入れて、トイレットペーパーをかぶせるという学習能力のなさです。

この種もネットで、100円で購入しました。

購入したお店はこちら ⇒ 信州山峡採種場

水耕栽培の自作装置に液肥を入れて定植したのが、3月26日

なんかね、グリーンリーフレタスよりも成長が遅いね。気温は高くなってきているのにね。

写真奥に見えるのは、グリーンリーフレタスです。

わさわさしすぎるので、透明のカップでまとめました。

あと、どのくらいで収穫できるのかね?楽しみです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする