スナップインゲンのペットボトル栽培、水耕栽培でベランダに植えました。

暖かくなってきたので、ベランダに放置してあったスナップいんげんを、ペットボトル容器に移植しました。

定植してから気が付いたんだけど、植える場所が悪かったかも・・・。

2階のベランダは軒がないので、雨が降るとペットボトル容器に水が入ってしまいます。

軒のある1階のベランダに植えれば良かったと、ちょっと後悔中です。

ペットボトル容器も、改良の余地ありです。

スポンサーリンク

スナップいんげんの水耕栽培 種まきから定植

今回、スナップいんげんの種まきは、12月2日12月10日です。

12月2日に植えた種は、ベランダに放置しちゃったけど、元気に育っていました。

12月10日に植えた種は、過保護に室内で育てたら、見事にひょろひょろに徒長して失敗。

今回、移植したスナップいんげんの苗は、12月2日に種まきをして放置していたものです。

⇒ スナップいんげんの種まき失敗のお話はこちら

水耕栽培のペットボトル容器

今回、作ったペットボトル容器はこんな感じ

↓ ↓ ↓

ペットボトルの上を切り落として、ハンダで穴をあけ100均のフェルトで水を吸い上げるもの。

苗を安定される土は、100均の「水で増える土(パームヤシ)」を使いました。

スナップいんげんの苗を移植

移植したのは、3月15日

根の部分を水で洗い、ペットボトル容器に移植しました。

ペットボトルが安定しないので、100均のかごに入れてネットに縛って倒れないようにしました。

植えた場所は、2階のベランダです。

ここには、軒がないので雨が降ると容器に雨が入ってしまいます。

失敗ですね。

今まで、主人の親が住んでいた我が家の1階には広いベランダがあります。

図らずも、今年初めに主人の父親が他界して、1階ベランダも私のテリトリーになったのです。

実は、1階のベランダには、2階のベランダが軒の代わりをしており、雨が当たらない場所があるんですよ。

隣の家の影になるので、日当たりはあまり良くありませんが、水耕栽培は1階のベランダを片付けて、こちらで育てた方がいいですよね。

スナップインゲンを定植!失敗かも。

冬を越えたスナップいんげんの苗を、ペットボトルで水耕栽培にしました。

土を入れる部分が安定しないので、容器は改良の余地ありです。

最大の失敗は、2階ベランダに植えてしまったこと。この後、雨が降ってしまいパームヤシはほとんど流れてしまいました。

雨のあたらない1階ベランダへの移動も考えましたが、すでにつるが延びてネットにからんでいるので、このまま雨ざらしで育てることにします。

放置されても、たくましく育った苗なので、頑張ってくれることを期待したいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする