レバニラ炒めの簡単な作り方、豚レバーのオイスターソース味付けと献立

オイスターソースを使った、簡単なレバニラ炒めの作り方を紹介します。

いつものレバニラも、オイスターソースを使うだけで、ワンランク上の味付けになりますよ。

レバニラ好きの方は、ぜひ作ってみて下さいね。

レバニラ炒めの献立も紹介します。参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

ニラレバ炒めの簡単な作り方 オイスター味

材料

  • 豚レバー・・・200gくらい
  • もやし・・・1/2袋~1袋
  • にら・・・1束
  • オイスターソース・・・大1
  • 酒・・・大1
  • 砂糖・・・小1
  • コショウ・・・少々
  • ごま油・・・少々

レバーの下味

  • 醤油・・・大1
  • 酒・・・大1
  • ニンニクチューブ・・・2㎝~
  • 片栗粉・・・適宜

オイスターソースの味付けは、こちらの基本の味付けと同じです。

⇒ オイスターソース基本の味付け

色々使えるので、参考にしてみて下さいね。

作り方

  1. レバーに下味の醤油・酒・ニンニクチューブを入れて下味をつけておきます。(10分くらい)
  2. にらは食べやすい長さに切ります。オイスターソース・酒・砂糖を合わせておきます。
  3. 下味をつけたレバーは、余分なたれを捨てて片栗粉をまぶします。
  4. フライパンにサラダ油大1を入れ、強火でレバーの表面を焼きます。
  5. レバーの表面が焼けたら、お皿に取り出しておきます。(中まで火が通ってなくて大丈夫)
  6. フライパンにサラダ油を少し足し、もやしを炒めます。もやし全体が熱くなったら、レバーをフライパンに戻します。
  7. レバーに火が通ったら、にらと合わせておいた調味料を入れてひと混ぜします。
  8. 仕上げにごま油を少々入れて、火を止めれば出来上がりです。

基本的にずっと強火で一気に作ります。レバーは火を通しすぎると美味しくないですよ。

にらもクタクタに炒めるよりも、半生くらいの方が美味しい感じがします。

ニンニク好きの人は、もやしを炒める時にもニンニクチューブを少し入れるといいですよ。

レバーが苦手! 匂いが気になる方は

レバーって、苦手な方が多いですよね。

匂いや舌触りが苦手という方は、新鮮なレバーを使うとあまり気にならないんですよ。

新鮮なレバーは、肉がプリッとしています。指で押して弾力がある物がいいですね。

スーパーで売っているレバーでも、血が沢山出ている物や肉が柔らかくなっている物は、避けた方がいいですよ。

レバーなどの内蔵類は、お店によって鮮度が違うように思います。新鮮なレバーが売っているお店をチェックしておくといいですね。

新鮮なレバーの下ごしらえは、さっと水で流してキッチンペーパーで水分をふき取るだけで大丈夫です。

匂いがどうしても気になるという方は、牛乳に20分ほど浸しておくと匂いが少なくなりますよ。

レバニラ炒めの夕食の献立

  • ニラレバ炒め
  • じゃがいものそぼろあんかけ
  • 冷奴
  • 枝豆

息子がいないので、主人と二人簡単な献立にしました。

レバーは牛派?豚派?

レバニラ炒めに使うレバーは、牛レバーを使いますか?豚レバーを使いますか?

好みの問題だと思うけど、私は断然豚レバー派です。理由は・・・

「安いから」というのもあるけど、私がいつも行く安売りスーパーの豚レバーが、とっても新鮮でおいしいからなんです。

スーパーの「20%引き」とか「半額」というシールは、私の大好物なんだけど、豚レバーだけは「半額」の物を買いません。

それが私のささやかなこだわりです。

レバーは、新鮮さが命!と、いくらレバーを熱く語ってみても・・・

結局は今日にらが特売で40円だったから、レバニラを作っただけなんですけどね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする