砂肝料理 簡単レシピ!ごま油風味のおつまみ切り方や下処理と栄養

歯ごたえコリコリの砂肝(砂ずり)の簡単おつまみを作りました。

砂肝さえあれば、家にある材料で簡単に作れます。

切り方や、匂いを消すための茹で方も紹介します。

砂肝の栄養やカロリーについても紹介しますね。

安くて栄養満点の優秀食材で作る簡単おつまみです。

香味野菜をたっぷり入れて、ご主人のお酒のおつまみにいかがですか?

スポンサーリンク

砂肝の簡単おつまみレシピ

材料

  • 砂肝・・・1パック
  • 長ネギ・・・10㎝
  • 生姜・・・1/2片
  • にんにく(チューブ)・・・2㎝
  • ごま油・・・大1
  • 鶏がらスープの素(顆粒)・・・小2
  • レモン汁(ポッカレモン)・・・大1~2
  • 黒こしょう・・・少々

砂肝をゆでるときの臭い消し

  • ネギの青いところ
  • 生姜の皮
  • 酒・・・大2

作り方

  • 砂肝の下処理をします。↑へこんでいる所で2つに切り3~4㎜にスライスします。
  • 鍋にお湯を沸かし、スライスした砂肝とネギの青い部分、生姜の皮、酒を入れて、5分ほど茹でます。
  • 長ネギと生姜をみじん切りにして、その他の材料も全部入れて混ぜます。
  • 茹でた砂肝を入れて、混ぜれば出来上がりです。

香味野菜は、多めの方が美味しいです。

レモン汁は、お好みで加減して下さい。我が家ではレモン汁多めがお好みです。

出来立てアツアツでも、冷めても美味しく食べられます。

簡単ですので、作ってみて下さいね。

砂肝の栄養やカロリーは?

砂肝というと、お父さんのお酒のおつまみのイメージが強いですよね。

でもね、砂肝には鉄分とビタミン12がたっぷりで貧血予防にいいですよね。

砂肝に含まれている亜鉛は、必須アミノ酸の1つで新陳代謝を活発にしてくれるので、疲労回復や美肌にもいいてんですよ。

そして、レモン汁などの柑橘系と一緒に食べると、柑橘類のビタミンCが、亜鉛や鉄分の吸収を助けてくれるんです。

カロリーも、100gで94kcal.と、鶏もも肉の半分くらいしかありません。

コリコリの食感で、食べごたえがあるので、ダイエットをしている女性にも、食べて欲しい食材です。

ただ、どうしてもおつまみにしてしまうと、塩分が高くなってしまいます。

ダイエット中の方は、塩分を控えめにするなどの工夫をすると更によいですね。

安くて、栄養たっぷりダイエットにもおすすめの食材です。

お父さんのおつまみだけでなく、家族で積極的に食べたい食材ですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする