大腸検査前日の食事献立、肉や卵や野菜や乳製品の食べていいメニューは?

主人の健康診断で、今回は大腸検査もあるので、前日から食事制限をしなくてもいけませんでした。

病院から、検査前日の食事についての案内を貰ってきました。

検査前日に食べてはいけないもの、食べてよいもの、実際に主人が検査前日に食べたメニューを紹介します。

スポンサーリンク

大腸検査前日に食べてよいもの、食べてはいけないもの

主人が病院で貰ってきた案内によると

好ましいもの(食べてよいもの)

飲み物(お茶・ウーロン茶・麦茶・コーヒー・紅茶・スポーツドリンク)

白米・うどん・パン

魚・鶏肉・豆腐・卵・ハム・ソーセージ

避けてほしいもの(食べてはいけないもの)

飲み物(乳製品・野菜ジュース・果実入飲料・アルコール類)

しらたき・こんにゃく

海藻類(ひじき・わかめ・昆布・のり巻き)

繊維の多い野菜類(ほうれん草・白菜・レタス・キャベツ・ごぼう・にんじん・サツマイモ・とうもろこし・トマト・ネギ類)

玄米

ごま

果実の種

繊維の多い果物類(みかん・グレープフルーツ等)

このように、書かれています。

食べてはいけない物は、食物繊維の多いものや、消化の悪いものですね。

意外なのが、乳製品は食べてはいけないということ。ヨーグルトなど食べてもいいのかな?と思っていました。

大腸検査前に食べてもよい野菜は?

繊維の多い野菜も、具体的に書いてあります。

それ以外の野菜は食べてよいのかなぁ?と思って調べてみました。

⇒ 食物繊維の少ない野菜 (他サイトにとびます)

このサイトで、一番食物繊維の少ない野菜が「トマト」です。

えっ!トマトって病院から貰ってきた案内では、食物繊維の多い野菜ではありませんか。

ということは、野菜は全部食べてはいけないんでしょうかね?

それならそうと、野菜全般を食べてはいけないと書いて欲しいものですよね。

間違えて、大根の煮物とか食べさせてしまうところでした。

病院の案内も、食べてはいけないものより、食べて良いものを具体的にあげてくれたほうが、理解しやすいのに~と思います。

1日だけの食事制限なら、「これ以外はダメ」とメニューが限られたほうが、食事を作るのが簡単ですよね。

大腸検査前日の食事メニュー

実際に主人が、検査前日に食べた食事のメニューを紹介します。

検査前日の朝食

  • しらす
  • 温泉卵
  • 厚揚げの煮物(お弁当の残り)
  • ウィンナー(お弁当の残り)
  • 味噌汁(豆腐)

検査前日、お昼のお弁当

  • 厚揚げの煮物
  • ウィンナー
  • 鶏肉の塩麹焼き
  • ゆで卵
  • シャケフレーク

鶏肉の塩麹焼きの味付けに、黒胡椒を使ってしまいました。

たね類がダメなので、胡椒は使わない方が良かったですね。

大腸検査前日の夕食

  • 鮭カマ焼き
  • 湯豆腐
  • しらす
  • 味噌汁(豆腐・卵)

湯豆腐は、薬味やポン酢は食べてはいけないので、お醤油のみで食べました。

ご飯は、かなり柔らかめに炊きました。

大腸検査前日に食べてはいけない調味料やおやつ

調味料って、あまり気にしなくてもいいのかと思っていたら、柑橘類や種類がダメなので、ゆずポンや胡椒は使わない方がいいみたいですね。

あと、ヨーグルトやプリンは乳製品だし、ゼリーの中に入っている寒天も食物繊維が多いので、食べないほうが良さそうです。

バナナなども消化が良さそうな感じですが、食物繊維が多いですよね。

大腸検査前日の食事の献立

1日野菜なしの食事でした。主人はあまり、野菜を好きではないので、特に困ることはなかったようです。

ただ、卵が1日3個は、中年のオジサンには多すぎますね。

まぁ、1日だけなので良いことにしましょう。

検査当日の朝は、水分以外は口にできません。

それでも、あまり空腹感はなかったそうです。

大腸検査前の下剤がつらい

検査前日のからの食事制限は、あまり苦にならないと言っていた主人ですが、検査前に飲む大量の下剤が大変だったそうです。

大腸の検査は数十分で終わったのに、朝10時から夕方の4時頃まで下剤との戦いだったそうですよ。

「いや~大変だった。2度と大腸検査は受けたくない」と大げさに騒いでいました。

でも、主人も私も50代です。これから、いろいろな検査を受けないといけない時期なのかもしれません。

「おまえ百まで、わしゃ九十九まで。共に白髪が生えるまで」

体の検査は大変ですが、健康を考える良いきっかけになりました。

いつまでも、元気でいたいですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする